テレビスタンドの選び方について

テレビスタンドの選び方ですが、もちろん材質や色などはその人の好みというか、インテリアに合わせて選ぶことでよいのですが、単に好みだけで選ぶべきでないスペックが少なくとも2つありますので、注意しておいたほうがよいでしょう。
一つは、誰でも気づくことでしょうが、横幅です。別に、テレビが上に乗りさえすればよい、というようなイメージでは選ばないほうが無難で、最低でもテレビの横幅だけのサイズがあるものを選ぶことをお勧めします。これは、位置的に下にあるもののほうが大きいことが人間の目には安定して見えるためで、もしこれが逆に下にあるもののほうが小さいと非常に不安定に見えてしまい、落ち着いた感じが無くなってしまいます。ですから、最低でも本体と同じだけの横幅、一般的には左右それぞれに10cm前後のスペースを取ることが好ましいでしょう。もちろん、この左右の余裕スペースについてはインテリアとの兼ね合い、あるいはそこに何を置くかによっても変わってくるでしょう。
もう一つのスペックは、高さです。これも、スタンド自体のデザインなどを優先してしまいがちではないでしょうか。しかし、スタンドの高さは、テレビを見る高さにダイレクトに影響してきます。だいたい、自分の視線がテレビの上辺に来るくらい、つまり画面の中央を若干見下ろすような位置に来るくらいがちょうどよいのです。ですから、その高さを予め測っておいて、それに合わせた高さのスタンドを選ぶことをお勧めします。
壁掛けテレビの高さ位置については、なかなか難しいものがあります。基本的にテレビというものは、縦方向のちょうど中間の高さの位置に目が来るのが最も適切と言われています。つまり、見下ろす感じにもならず、かといって見上げる感じにもならない、ちょうど視線がまっすぐ水平になるのが一番見やすいのです。
壁掛けテレビの場合、では視線はどれくらいの高さになるのかが問題になります。おそらくは、ソファに座った位置での目の高さというのが最大公約数的な考えでしょう。ただし、いつもいつもソファに座った状態で見るとは限らないことをぜひ考えに入れておきましょう。ソファに横になって見るかもしれませんし、場合によっては床に座った状態で見ることもあるかもしれないのです。ですから、座った位置での目の高さよりは低めに設定しておくことを勧めます。人間は、見上げるように見るよりもまだ見下ろすように見るほうが楽だからです。
なお、テレビまでの距離ですが、これも一般的にはテレビの縦方向の長さの約3倍が適切と言われています。例えば40型ですと縦は約50cmになりますから、3倍して1.5m離れた位置から見るのが最も適切ということです。
ですから、逆算して画面を見る位置からの距離を3で割った高さのものを購入するのが最もよいということになります。例を挙げますと、ソファから壁までの距離が2mだったとすると、縦サイズは約65cmになり、これは52型に相当します。

オススメサイト/クレジットカードの即日発行じゃけん/お家の見直ししま専科/健康マニアによる無病ライフ/FXシストレ比較/英語上達の秘訣/英語上達の秘訣/驚愕頭部/ショッピングカート/ショッピングカート/童話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Just another WordPress site