アーム式なら壁掛けテレビの角度を変えられます

壁掛けテレビとなると、当然ながら非常に重いものを壁に固定しなくてはなりませんから、一度取り付けるともはや一切動かせないと思っている人も多いかもしれません。確かに、万が一にも落下したりしては困りますから、固定はしっかりとしておく必要があります。
しかし、例えばラック上においたテレビの場合、もちろん大きく重いものですから自由自在に持ち運んで動かすようなことはあまりないでしょうが、テレビ画面を見る角度によって多少なりとも位置を変えることは多くの人が経験していることでしょう。これと同じようなことは壁掛けの場合には望むべくもないのでしょうか。
実はそんなことはありません。多少であれば角度を変えることが可能な取付金具はあるのです。アーム式と言われる金具がそれで、しっかりとした固定と、多少の角度調節とを両立できる金具なのです。
例えばソファーに座って見るのを標準として高さを設定した壁掛けテレビの場合、もしソファーに横になって見ようとすると少し高い位置に画面が来ることになります。床に寝そべって見ようとするとなおのこと高い位置に画面が来てしまいます。そのような場合、アーム式金具であれば簡単にテレビを下向きにし、見やすい角度に変更することができるのです。
また、アーム式金具の種類によっては、上下方向のみならず、左右方向にも角度調節可能なものもあります。部屋のどこから画面を見るかによって、同じように見やすい位置に調節できるわけです。

Just another WordPress site