壁掛けテレビとコンセントの位置は

壁掛けテレビの場合、配線をどうするか、コンセントの位置は予め考えておいたほうが良いでしょう。そうしないと、テレビの側面や下部に配線がだらだらと伸びているのが見えてしまうということになります。別に、きちんと画面さえ見れればそれで十分で、周りの配線など気にしないということであればそれはそれで構いませんが、意外と気になるものです。ラック上に置くような場合は、多少配線がごちゃごちゃしていても、ラックの後ろにまとめて隠せますから、実のところたいして気にならないだけです。本体のほかに、DVDやらゲーム機やらパソコンやらを接続することも多いでしょうから、なおのことです。
通常、壁掛けするような中段位置にコンセントはないことが多いでしょうし、仮にあったとしても機器同士をつなぐケーブル類はコンセントとは関係ありませんから隠すのに困ります。そういう場合、一つの解決策はできるだけケーブル、コード類は一まとめにして結束バンドなどで束ねておくことです。これで見栄えはかなりましになります。
しかし、根本的な解決策としては、本来の壁の前に、もう一つ別の壁を設け、その間のスペースをケーブル、コード類を通すためのスペースとすることです。間のスペースは5cmから10cmもあれば十分ですから、部屋のレイアウトに影響するようなことはありません。ただし、新たに設けた壁に対して壁掛けテレビを取り付けることになるわけですから、それなりにしっかりとした造りにはする必要があります。

Just another WordPress site