会議室に使うテレビに移動式テレビスタンドを利用して効率的に使う

会議室にプロジェクターやスクリーンを設置せずに、大型テレビを利用することも多くありますが、各部屋ごとにテレビを準備するとコストもかかってしまうので、移動式のテレビスタンドを導入して、使用する会議室に自由に持ちこめるようにすると便利になります。使わない時にも端に寄せたり、収納しやすくなって邪魔にならずにスペースを利用できます。

移動式のテレビスタンドは、すべての機種に取り付けられるわけではないので、購入前に対応表などを確認する必要があります。ねじ山などが合わないと外れて落下する危険があり、テレビの破損や人への被害も懸念されます。

移動の時や地震が発生した時の揺れで倒れてしまうことが無いように、テレビスタンドは低重心設計が徹底されているものを選び、テレビの重さに耐えられるキャスターが取り付けられ、枠組みもしっかりしていることも肝心です。画面が見やすいように上下に傾く機能が備わっているとより使いやすくなります。移動をしないときには、キャスターのホルダーを必ず使うようにして、動き出さないようにします。

テレビと一緒にしておきたい機器があるときには、テレビスタンドに収納ボックスを取り付けることもできます。ダイヤルロック付きであれば、大切な機器を紛失してしまう可能性も少なくなります。

頻繁に移動を繰り返しているとキャスター部分に劣化がみられてくるようになるので、定期的に破損や錆びて腐食などがないか確認して、安全に使うようにすべきです。

Just another WordPress site