新築を建てる時には壁掛けのテレビか、金具の事までも考える

新しく住宅を新築した時には、様々な家電や家具も一緒に新しくしたくなるものです。
お金も沢山かかりますが、この新築の家を建てた時とかない限り、なかなかそのような事に踏み切ることもできないからです。
その中でも、テレビはリビングの真ん中に入ってくるものですし、家の中心にもなってきますので、大きなものや、綺麗なものを置きたいと考える人が沢山います。
その中でも、最近はテレビを自宅でも壁掛けにすることができるようになってきました。そのために悩ましい問題もあります。
コンセントは大抵、床に近い位置に配置されています。しかし、この状態で壁掛けのテレビを置くことにすると、配線がテレビから垂れているのが見えてしまうことがあります。物でうまく隠したり、家具の置き型次第で隠せることもありますが、実際にはなかなかうまく隠すことができないので、壁掛けのテレビを置く場合には事前にコンセントをテレビを設置する位置の後ろに取り付けることで解決できます。
また、壁掛けのテレビを置くときの問題点として、金具の打込みがあります。壁に金具で止めることになりますので、壁自体も多少の補強を必要とします。さらに、壁に穴が開いたり、場合によっては傷ついてしまうこともありますので、新築を建てる時には、位置も考えて、どのようなタイプの物を置くのかも考えて新築を建てる必要があります。
家を建てる時には、些細な事も考えておくことが先々重要になってくるのです。

Just another WordPress site